目もとエステはいつ使用しなければいけないという決まりはありません。基本的に好きな時に使用する事が出来ます。コードレスの目もとエステはフル充電すれば2回も使用する事も出来ますし、リフレタイプはコンパクトなのでカバンに入れて持ち歩くことも可能です。ですから、電車などでの移動中であったり仕事の休憩時間に使用するなど、目が疲れたなぁと感じた時に使うとすっきりしてお勧めです。

ただ、女性の場合はスチーム効果でマスカラやアイライナーなどのアイメイクが崩れる可能性もありますから、メイクを落として洗顔からスキンケアをした清潔な状態で使用するのがベストです。付属のバンドを使えば座った状態での使用も可能ですが、自動電源OFF機能があるので就寝前に使用するのがお勧めになります。特にビューティタイプはアロマとリズムタッチ機能により就寝前に使用すると、そのリラックス効果で安眠を誘ってくれます。
美容クリーム自動的に電源が切れるので、万が一そのまま眠ってしまっても問題ないでしょう。

また、スキンケアの際にアイクリームや目もと様の美容液をたっぷり塗ってから目もとエステを使用するとスチームにより美容成分がより浸透しやすくなってくれます。
目もとのタルミや皺が気になるなら試してみましょう。
また、目もとエステを使った自宅ケアに合わせて、エステサロンで施術を合わせるとますます効果に期待が出来るでしょう。

目もとエステの使用感ですが、ビューティタイプもリフレタイプも程よい温かさで目もとがじんわりと温かくなっていきとても心地良いと評判です。熱すぎるという事もなく、すぐに冷めてしまうという事もないので使用中ずっと気持ち良さが持続してくれます。また、ビューティタイプはアロマも一緒に楽しむ事が出来るのでリラックス効果も抜群です。さらにリズムタッチ機能は、強弱のあるリズムの振動が目もとにちょうど良い刺激を与えてくれます。痛みなどはまったくないので安心しましょう。

最高で12分間、クイックコースで6分間という短い時間の使用で使い終わった後は目が軽くなりすっきり爽快で目の疲れを解消してくれます。また目の疲れだけではなく、スチームが目もとを潤してくれるのでふっくらとしたくすみのない目もとを手に入れる事が出来ます。スチームも逃げないので、しっかりと目もとに潤いを補給することが可能です。

使い方も給水プレートを水道水で濡らすだけ、ビューティタイプはアロマホルダーにお好みの香りのアロマタブレットを取り付けて電源を入れるだけで使用することが出来ます。いくら効果があっても使い方が難しかったり準備が面倒だと継続が難しく、いつの間にか使わなくなってしまう事も多いのでこうした使いやすさも目もとエステのメリットです。

現在販売されている目もとエステは、ホワイトにピンクのボディが可愛らしいビューティタイプとブラウンでシックなルックスのリフレタイプの2種類となっています。ビューティタイプは、特に目もとにハリや明るさが欲しい人に、そしてリフレタイプは眼精疲労が気になる方向けの製品です。

ビューティタイプの特徴は、温感スチームと温感ヒーター、そしてアロマ機能とリズムタッチ機能がついているという事ですね。専用アロマは真正ラベンダー・ベルガモット・ゼラニウムの3種類から選ぶ事が可能で、リズムタッチも3つの異なるタイプが用意されています。温感ヒーターは、38度と40度のモードが選択可能です。

そしてリフレタイプの方はアロマやリズムタッチ機能はついていないものの42度・40度・38度の3つのモードから温度を選べ、アイホール全体を一気にじんわりと温かく包み込む事が出来ます。ですから、リフレタイプは日頃からパソコンを使用して仕事をしている人などリフレッシュ感を求める人向けの種類となっているんです。しかも、ホットタオルやアイマスクなどと違って使用中最後まで一定の温かさが持続するというのも特徴です。 

目もとエステはどちらも充電式となっていて1回のフル充電で約2回、コードレスでの使用が可能となっています。また12分の使用で自動的に停止するので安心して使用する事が出来ます。

今はエステにいかなくても、自宅で簡単にエステ級のお手入れが出来る家庭用美容機器が販売されていますね。パナソニックからも沢山の家庭用美容機器が発売されていますが、今話題となっているのが目もとエステという商品です。名前からも分かるとおり、これは目もと専用の美容機器となります。エステといと女性むけの商品なのか、と思われがちですが、この製品は男女ともにお勧めしたい逸品なのです。

スマホやパソコンなどを日常使いするようになり、男女問わず非常に目を酷使している人々が増えていますね。眼精疲労を放置しておくと、視力の低下だけではなく頭痛などのトラブルを引き起こし、そしてタルミや皺といった目もとの老化にも繋がってしまうのです。そのため目の疲れはそのまま放置したりせずに、その日のうちにきちんとケアをしてあげる事が大切となります。とはいっても、目もとは非常にデリケートでセルフマッサージなどは逆にタルミや皺を増長させてしまったり、また眼球やそのまわりの神経を傷めてしまう可能性もあるのでお勧め出来ません。だからこそ、目もとを酷使している男女に庭用美容機器の目もとエステがぴったりなのです。現在目もとエステにはビューティタイプとリフレタイプの2種類が販売されています。

これらはそれぞれに特徴があり機能も異なるので、目的にあわせて選ぶ必要があります。タイプ別の特徴や使い方使用感はどうなっているのでしょうか。目もとのハリ感と明るさアップに、そして酷使した目もとの癒しに対応した2タイプの目もとエステを上手く活用して生き生きとした目もとを取り戻しましょう。